読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志学会

埼玉 志学会

f:id:RYUSUKE:20161106173427j:plain

志学会は埼玉県北葛飾郡杉戸町に所在する通信制の高校である。同校より学園祭の知らせが封書で届いた。行ける日程ではなかったが、せっかく郵便で送ってくれたのだから、ブログで拡散するのが、せめてもの義理である。

 

『志音祭2016 音楽でつむぐ未来への~キズナ~』
平成28年11月12日 土曜日
10:30~15:30

詳細はコチラ

 

なぜ同校から直接封書が届いたか、つまり、なぜ同校が拙の連絡先を知っていたかといえば、理由は簡単である。以前同校に資料請求をしたことがあったからである。

同校の存在を知ったのは今年(2016年)になってからであった。かつて埼玉県の北東部で働いていたことがあり、そのときはすでに教育関係に従事していたわけだが、同校のことは全く知らなかった。かつての職場への微かな郷愁の念が、同校への興味関心の源泉となっている、とは言える。

しかし尚、同校が興味をそそるのは、同校が現在当ブログが関心を寄せている通信制高校であること、しかもスキャンダラスな通信制高校だからである。

同校が2002年に通信制高校として出発したとき、彰華学園という名前であった。その後2009年に真英舎学院と名前を変え、2011年に現校名となる。この間運営法人の名称あるいは法人そのものが変更され、法人幹部も短期間にコロコロと変わっている。真英舎時代には教職員への給与未払いで学校が一時閉鎖され、また裁判沙汰にもなっている。

同じく通信制高校であるウィッツ青山学園の一連の不祥事が示すように、通信制高校は現在、社会問題を大きくはらんでいると考えられる。それは大人の側、つまり経営者の不透明な経営や、教員の不適切な教育のみならず、生徒の側の不登校や中退なども含む。

通信制高校の諸問題を考える糸口として志学会を観察することが、当ブログなりの切り口である。

広告を非表示にする