志学会 (4)

f:id:RYUSUKE:20170418073835p:plain

4月14日(金)、通信制志学会高校(埼玉県北葛飾郡杉戸町)において入学式が行われたという。

同校フェイスブックに掲載された画像によれば、今年度の入学式が16回目だそうだ(上掲画像はスクリーンショットにて取得)。すなわち第1回は2002年(平成14年)度と考えられる――通信制だから年に複数回入学式を行っているという事情もなさそうだ。それは前身の彰華学園(2002~09年)、真英舎(09~12年)時代の通算回数であると言えるが、同校は前身の2校からただ単に敷地や施設、生徒や教職員を譲り受けたわけではなく、学校として、あるいは法人として連続性を保っているわけだ。

同校ウェブサイトには「沿革」のページがない。すなわち創立年度すら書かれていないのである。以前同校のパンフレットも見たが、そこにも書かれていない。創立から今までどのような教育活動をしてきたか明らかにしていない学校が、何を根拠にして受験生に魅力を訴えようとするのだろうか。

広告を非表示にする