読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開智・日本橋教育グループ

f:id:RYUSUKE:20160531171348p:plain

 日曜に開智の筆記受けてきたけど、ここはどれだけ入れ替えが激しいんだ?
仮に不採用でも、秋には欠員ができますから声掛けたら応じてね…ってw 

 開智・日本橋教育グループ(以下、開智)は、2つの学校法人から成り、傘下に3つの中高一貫校を抱える(埼玉県さいたま市、埼玉県加須市、東京都中央区)。

開智はほぼ通年で採用活動をしていると言っても過言ではない。それだけ教員の出入りが激しいからなのだろうが、そのことを受験生は学校選びの材料の一つにすべきではないだろうか。

ところで、そんな開智の待遇を見てみよう。

f:id:RYUSUKE:20160531174111p:plain

専任教諭の月額給与が、学部卒で約23万、修士で26万、博士課程修了で約30万、博士号授与者ならば31万だという。博士の相場はわからないが、学部卒、修士卒ともに「まあまあこんなところ」だろうとは思う。

ところで、以下の単年度契約の常勤講師の待遇を見てほしい。

f:id:RYUSUKE:20160531174124p:plain

専任と同じ仕事をさせられるのに、給与は3~4万円安い。これは多くの私学で見られる因習、悪癖とでも呼ぶべき雇用形態であるが、これが開智に人材が長く居つかない理由の一つであろう。つまり、いつまでも専任にしてもらえない常勤講師が余所へ移るか、開智が常勤講師を数年で雇い止めするか、のどちらかである。

とはいえ開智は進学実績の面で、埼玉県内私学の雄である(インターエデュによれば、2016年度東大合格者数全国33位で、県内私学では栄東に次いで2位である)。開智経験者をほしがる私学が埼玉県内(とりわけ東部)には多く、「開智ブランド」を提げて異動する教員がいるのも事実である。