読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青翔開智

f:id:RYUSUKE:20160804163444p:plain

鳥取市に所在する中高一貫校四天王寺学園と同じく2014年に開校という、極めて新しい学校だ。また鳥取県東部においては初めての中高一貫校とのこと。

 ま た 開 智 か 。

 青翔にしても開智にしても、所在地と全く関係がなさそうだ。地域の人材育成を担うはずの中高校が地元には興味がないように見える。経営法人の「鶏鳴」という長く使われてきた名前にも、経営者たちは愛着がなさそうだ。

新設校、あるいは変更校名の「キラキラネーム」も考察してみると面白いかもしれないな。

学部新卒の月額約20万円はいいとして、院新卒やそれどころか博士号取得者(最も若くても28歳だ)の月額22万円は安すぎてありえない。ガキの遣いじゃあるまいし。

山口県宇部市の慶進を紹介したときにも書いたが、島根県だの鳥取県だの、中国地方以外の人間からすればどこにあるのかわからない(さすがに山口県どこにあるかはわかるか、九州と本州との連絡口だ)ような県の学校がことほど斯様に安い給料しか出せないようでは、高学歴者、特に高偏差値大学ないしその大学院を出た人材が来るはずがない。

f:id:RYUSUKE:20160804163459p:plain

 もう1つ面白いと思ったのが、一次試験の「スカイプ面接」だ。ICT教育に力を入れているという同校らしい方法だが、要は遠方からも応募者に受験してもらいたいということなのだろう(「学校近くにお住まいの場合〔中略〕ご来校の上、面接を受けていただきます」と書いている。)

 遠方から優秀な教員を引っ張りたかったら、給料の額を増やすしかない。

広告を非表示にする