専修大学松戸

f:id:RYUSUKE:20171119231556p:plain

千葉県松戸市に所在する中高一貫校。しばしば「専松」と呼ばれる。

校名に「専修大学」と冠していることからわかるように専修大学の系列校ではあるが、運営は「学校法人専修大学松戸高等学校」によるもので、同大学を運営する「学校法人専修大学」とは別である。実際のところ、同大学への進学者数は各学年1割程度のようだ。

待遇を計算してみました

常勤講師は45分の1コマ2650円以上だという。これを最低値として、週の持ちコマ14ないし16コマで計算する。更に「専任講師手当」の月40000円も合算する。

【月額】

14コマ:(2650×14(コマ))×4(週)+40000=188400(円)

16コマ:(2650×16(コマ))×4(週)+40000=209600(円)

14コマの約19万円にしても、16コマの21万円にしても、これらは学部卒の初任給だとしても安い。

賞与は4.23か月として年額も計算する。

【年額】

14コマ:188400×(12+4.23(か月))=3057732(円)

16コマ:209600×(12+4.23(か月))=3401808(円)

着任初年度から賞与を満額もらえるのであれば、他校の学部卒初年度並みの水準になるとは言えるかもしれないが、決して恵まれた待遇とは評価できない。

なぜか総武線沿線の生徒が多い

1959年に高校として創立、2000年に中学校を設置した。

2017年度大学入試における合格実績を見ると、北大2名、筑波大9名、千葉大14名をはじめとして、国公立大学には計58名が合格している。熊本大では浪人だが医学部医学科に合格している(インターエデュを参照)。東大京大にこそ合格者は出ていないが、これはまずまずと言ってよいか。

本校はJR常磐線北松戸駅、または新京成線松戸新田駅を最寄駅としているが、中学においてはなぜかJR総武線沿線の生徒が多く、常磐線沿線の生徒は相対的に少ないという。

それは、こちらのページ曰く「総武線沿線には専松レベルの私立中がない」からだという。

f:id:RYUSUKE:20171120000211p:plain

総武線を東京方面に乗っていったとしても、山手線(秋葉原駅)に辿り着くまでに専松と張り合えそうな私立中学は、恐らくない。

中学設置の時期やタイミングの重要性

引用元のデータが挙げる中学校の設置年を見ると、市川1948年、東邦大東邦1961年、昭和秀英1985年、渋谷幕張が1986年と平成以前に設置されている。それにたいし芝浦工大柏1999年、本校2000年と設置年が下ることに、合格偏差値帯も下がる。

昭和秀英渋谷幕張の例を見れば、早く作ればいいというものではないが、それでも長く事業を継続しているという事実は受験生の信頼を得られる、ということの証左である。

また本校(や芝浦工大柏)が中学を設置するタイミングはギリギリであったかもしれない。それ以上後になると、更に東京周辺で私立中学が雨後の筍の如くニョキニョキと増えていったからである。

本校がどの程度まで戦略的に考えていたかはわからないが、生徒募集にかんしては奇妙にもうまい立ち位置にあるように見える。

広告を非表示にする

国際学院

f:id:RYUSUKE:20171108221532p:plain

埼玉県北足立郡伊奈町に所在する中高一貫校伊奈町は(隣接してはいないが)さいたま市の北、上尾市の東にある。

先に待遇から紹介する。

【学部新卒】月額201,662円(職能給170,900円+教職調整手当30,762円)

【院新卒】月額217,592円(職能給184,400円+教職調整手当33,192円)

賞与は月額分で計算するのか。まさか職能給だけで計算しはしまいか。

苦戦する中学募集

前身は1988(昭和63)年創立の国際学院伊奈高等専修学校である。1998(平成10)年に高等学校へと改組し、現校名に。2013(平成25)年に中学校を開校した。 

高校の設立からまだ19年、前身の時代を含めてもまだ29年という、比較的新しい学校である。

中学入学生は今年(2017年)度で5期生である。入学(在籍)者数の推移を見てみよう。比較のため、昌平中学(埼玉県杉戸町)と開智未来中学(埼玉県加須市)における入学者数の推移と一緒に見てみよう。昌平や開智未来と比較するのは、それらの通学圏がJR宇都宮線の大宮駅以北で本校のそれと重なりそうだからである。

f:id:RYUSUKE:20171108224915p:plain

断っておくが、本校のデータについては在籍者数しか発見することができなかった。しかし本稿の分析にとっては、在籍者数だけでも十分事足りるであろう。本校中学への入学者数が明らかに少ないことは、恐らく間違いない。募集要項によれば中学1学年の定員は80人だそうだ。

初めて昌平中学1期生が43人と知ったとき、相当少ないと思ったものだが、本校と比較すると健闘したことがわかる(昌平中学にかんする分析は過去記事を参照)。 また開智未来は本家の「開智ブランド」をフル活用したと言える。

昌平にしても開智未来にしても、これらの学校が中学生徒募集において成功していると見なすのであれば、それは需要があったからであろう。昌平と開智未来とは通学圏が相当程度競合しているが、いずれにしても埼玉県東部ないし北東部、そして群馬県南東部や茨城県南西部に、私立中学への需要を掘り起こせたことが、成功の理由と言える。

また両校とも東大をはじめとする難関大学、有名大学への進学実績を(中高一貫生のみならず高入生のものも含めて)毎年積み上げてきている。私立中学への進学を希望する家庭は、子どもをより難関でより有名な大学へと進学させたいのである。

大学合格実績の低さ=中学ブランド力の低さ

翻って本校はどうか。はっきり言って見るべきところはない。

(恐らく卒業年度の)平成26~28年度の複数年度合算の実績ですら国公立大学で筑波大1、東京農工大1、群馬大1、茨城大1、埼玉県立大2という程度。私立大に目を向ければ、早大1、慶大1、東京理科大2、学習院2、明治3、青学1、立教2、中央3、法政2、立命館2…(コチラを参照)。

ついでに言えば、上記の筑波大、茨城大、埼玉県立大への合格は平成26年度のもののようだが、本校が速報を出しているのが平成26年12月11日なので、いずれも間違いなく一般受験による合格ではなく、推薦かそれに類する入試によるものである

余談だが、筑波大の体育学群はスポーツによる推薦入試を行っているので、この大学への合格実績が学力によるものかそうでないのかは、合格学群まで見ないと判断できない。

f:id:RYUSUKE:20171119113256p:plain

立地の問題

本校へのアクセスはJR宇都宮線蓮田駅またはJR高崎線上尾駅からシャトルバスを利用する。蓮田または上尾以北からの通学者はこのバスを利用するであろう。通学に大宮駅を経由する者は、同駅でニューシャトルに乗り換え、志久駅で下車して徒歩で通ってくるであろう。

本校は伊奈町に立地するのであるが、距離的にはさいたま市にほど近く、栄東や埼玉栄は比較的近い。さらに県立の中高一貫校、伊奈学園も同町内に立地し、競争を強いられているはずだ。

大学合格実績から言えば栄東、せめて埼玉栄だろうし、コスト面を考慮すれば公立の伊奈学園を選ばない手はない。伊奈学園は大学合格実績も本校よりははるかによい(コチラを参照)。

何で中学作ったの

はっきり言って、どのような勝算があって本校は中学を設置したのか、全く理解できない。

さらに、生徒数が少なすぎるので、このような環境では中学生が人間関係を築く訓練をうまく行うことができるとも思えない。生活指導上の問題も生じうるのではないか。

次のように語る塾経営者がいる。

● 埼玉県内の私立中学校について。2013年4月に4校スタート。武南中、狭山ヶ丘中、東京成徳深谷中、国際学院中。埼玉県内の私立中学校は、全29校となる。中学校を持っている私立高校が6割くらい。栄東(平成4年開校)、開智(平成9年開校)が好調なので、物事はリスクがあったとしても、他人に先んじてやるべきなんだなと思った。

 

「埼玉高校入試情報フォーラム2013」レポ(1) - ブログ・アビット

強調は引用者。

文華女子の例が示すように、生徒数が少なくて中学校での生徒募集をやめる学校もある。本校も早晩そうならないことを祈るばかりである。

広告を非表示にする

昼間定時制とは (1) : 中央大学高校

東京都文京区に所在する共学高校。その名の通り中央大学の附属校であり、系列には中央大学附属(東京都小金井市)、中央大学杉並高校(東京都杉並区)、中央大学附属横浜(神奈川県横浜市)がある。

校舎を同大後楽園キャンパス内に構え、同大理工学部とは一部の施設を供用している。また代々の校長は同学部の教員が務めている。

東京都心のど真ん中で立地は極めてよく、鉄道各駅からのアクセスも良好である。それゆえに校舎は狭小で、同校は全日制ではなく昼間定時制である。

昼間定時制の高校

前身は1928(昭和3)年創立の中央大学商業学校で、元々は夜間定時制であった。1948(昭和23)年に現校名へと改称。1993年(平成5)より昼間定時制へと移行した。

f:id:RYUSUKE:20171103114918p:plain

同校が定時制高校と分類されるのは、施設面で全日制課程の設置基準を満たしていないからだという。高校の設置基準について詳しくないが、体育の実技科目が実施できる体育館や校庭を持っていないことが、全日制課程に入れない理由のようだ。実際、同大のウェブサイトを見ても、そもそも後楽園キャンパスが狭小であることがわかる。

始業が一般的な高校よりも遅いことが同校の特色の1つとして語られることがあり、9時20分までに登校してショートホームルーム(SHR)、のち9時30分より1限開始となる。これにより遠方からも通学しやすいという評価もあるようだ。 

f:id:RYUSUKE:20171103122426p:plain

但し、昼間定時制だから始業を遅くすることができると説明するページを見たことがあるが、それは恐らく真実ではない。拙の前任校は8時55分に1限開始であったが、現任校は8時40分に1限開始である。共に全日制である。始業時間(厳密に言えば、1限開始時刻)は学校の裁量で決定できるのは間違いない。

もっとも、昼間定時制高校が始業時間を遅めに設定する傾向にあるのは事実で、例えば科学技術学園高校(東京都世田谷区)は9時10分1限開始である。

f:id:RYUSUKE:20171103123945p:plain

昼間定時制と全日制の違い?

本校自身が「授業、特別活動などにおいては全日制と変わることはありません」と語るように、校舎が狭小で体育設備がないというデメリットを除けば、昼間定時制と全日制との違いは全くないように思われる。

本校は中大の附属校であり、立地の良さも相まって、高校入試においては人気がある。2018年度の(合格?)偏差値を71とするところもある。つまり本校には「勉強のできる・学業成績のよい」中学生が集まるのであり、そもそもスポーツのために高校に進学する類の受験生は寄っては来ない。ゆえに充実したスポーツ設備はなくても大したマイナスにはならないのではないか。

もっとも、このように高学力の生徒が集まる昼間定時制高校は本校以外には恐らく存在しないであろう。

愛光

またしても、登録している私学教員求人募集サイトからメールが来た。

この業者に登録して数年経つが、このような非公開求人の紹介メールが届くようになったのは、今年が初めてだ。なぜだ?

四国・愛媛県の学校

ところで、曰く、愛光(愛媛県松山市)より非公開の人材探しを依頼されたという。

f:id:RYUSUKE:20171026230723p:plain

本校は1956年創立のキリスト教中高一貫校である。当初は男子校であったが、2002年より共学化している。男子生徒のみ利用できる寮を設置している。

2017年度大学入試の合格実績は、東大22(15)人で全国24位、京大7(5)人などである(カッコ内の数字は、現役合格者の内数)。1学年のヴォリュームが250人程度らしいので、進学校としてはなかなかの成果である。灘(神戸市)、ラ・サール鹿児島市)と並んで「西の御三家」と呼ばれていたらしい(?)ことも頷ける。

教員が職場を選ぶ根拠(1)立地・待遇

話を求人メールに戻す。

メールそれ自体は業者が出しているはずなので、宛先については学校は関知していないと思われる。とすれば、なぜこの業者は、関東圏に住んでおり、愛媛県にも四国にもゆかりのない人間(拙のことである)がそちらに移住してまで転職しようとする、と考えたのだろうか。

(ただし私立校の教員でも、日本全国を飛び回って転職する者は、決して多くはないが、いる。前任校にそういう同僚が多く、その理由を聞いたことはなかったが、恐らく直接ヘッドハントされたのだろうと思われる)

しかも現在、同校はそのウェブサイト上でほぼ同じ条件と思われる英語科の採用情報を公開しているので、 同校が英語科の教員を探していることは、はっきり言って非公開でも何でもないのではないか。

さらに、その業者からのメールにおいても、同校自身のウェブサイトにおいても、待遇が明記されていない。まずカネの話をしろよ。特に遠方から人材を引っ張りたいのであれば、給与を含めた待遇にモノを言わせるほかはない。

教員が職場を選ぶ根拠(2)大学合格実績

待遇以外で教員が勤務先に魅力を感じるとしたら、知名度である。

基本的に私立(中)高校の知名度は、部活動(特に野球)か大学合格(特に東大)の実績に大きく左右される。教科指導の面で優れた教員ならば、学習に高い意欲を示し、かつ学習能力の高い生徒がたくさんいる学校、つまり大学合格実績のよい学校で教えたいと思うはずである。

もっとも、上に挙げた程度の合格実績ならば、関東圏から四国に移住してまで転職したいとは思わない。2017年度大学入試においてラ・サールは東大に40(28)人合格しているが、それでも鹿児島に行きたいとは思わない。灘なら、移住の労を賭しても教えてみたい(が、男子校なんだよナァ。ラ・サールもだけど)。

広告を非表示にする

江戸川学園取手 (2)

f:id:RYUSUKE:20171022101008p:plain

茨城県取手市に所在する中高一貫校。去る9月24日(日)に教員が傷害容疑で逮捕されたことは記憶に新しい。

前回は急募案件を紹介したが、今回はそれとは異なり、通常の募集である。本校が年に複数回、専任教員の募集をすることは珍しくない(今年は2度目であると記憶している)。

待遇では江戸取>江戸女

江戸川学園取手

【専任教諭】

大学(4年):本俸198,000円 諸手当69,240円 合計267,240円

修士(2年):本俸220,300円 諸手当74,254円 合計294,554円

博士(3年):本俸266,700円 諸手当84,306円 合計351,006円

数年前に同じ江戸川学園が運営する江戸川女子(東京都江戸川区)の教員採用試験を受験したことがある。手元にそのときの待遇情報が残っているので、掲載する。

江戸川女子

【専任教諭】

大学(4年):基本給234,000円 住宅手当12,500円 合計247,000円

(賞与:初年度4.02か月分、2年目以降5.55か月分)

学部卒の初任給にかんし、本俸ないし基本給だけで比べると、都区内にある江戸川女子のほうが高いのであるが、諸手当込で見ると、茨城県にある本校のほうが高くなる。

一般的に言えば、私立校の給与は関東一円でも東京都と神奈川県は高いと言われているが、同一法人内のこの2校では逆転現象が起きている。

同じことは非常勤講師の待遇にかんしても言える。

江戸川学園取手

【非常勤講師】

26歳以上:3,400円(1コマ50分換算)

26歳未満:2,900円(1コマ50分換算) 

江戸川女子

【非常勤講師】

3,900円(1コマ65分換算)

江戸川女子は1コマ65分なので、本校の1コマ50分と比較すると、1.3倍授業時間が長いことになる。

けれども江戸川女子の1コマ単価が本校の1.3倍になっているかというと、そうではない。もし江戸川女子の1コマが本校と同じ50分であったなら、3000円である。辛うじて本校の26歳未満非常勤講師よりは高いが、それ以上よりは安い。

江戸川女子のほうが先に設立されており(前身の城東高等家政女学校は1931年創立)、この法人のいわば「本家」であったはずだが、今となっては力関係が逆転していることを窺わせる。

余談~前任校の待遇の劣悪さについて~

全くの余談だが、大学院の修士課程を出たあと、20歳代後半(26歳は過ぎていた)で埼玉県の北のほうで初めて非常勤講師になったとき、1コマ50分の単価は2250円であった(かつてコチラでも当時の待遇について少し言及していた)。

いかにあの学校の待遇が劣悪であったか、怒りよりも、身の毛もよだつおぞましさすら感じている。

当時はそこで専任になりたいとも思ったものだが、結果的にはならなくて全くの正解であった。

広告を非表示にする

千葉黎明高

またしても、登録している私学教員求人募集サイトからメールが来た。

曰く、千葉黎明高校(千葉県八街市)より非公開の人材探しを依頼されたという。

f:id:RYUSUKE:20171020220057p:plain

「民間大手企業出身の校長」

1949年に八街農林学園高校として開校。1977年に八街学園高校に改名し、普通科を設置。1995年に現校名となる。

「民間大手企業出身の校長」というのは、恐らく現任の西村清氏と、その前任の天野隆司氏であろう。

天野氏名古屋大学法学部卒業後、日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行、2007年から6年間同校の校長職を務めた。

西村氏慶應義塾大学商学部卒業後、東京芝浦電気東芝)に入社、2001(平成13)年に東芝エレベーターの広報部長を務めたのち、翌2002(平成14)年より同校運営法人の理事長に就任。校長職との兼任は、天野氏の校長職退任のあとからであろう。

「民間大手企業出身」とは言うものの、西村氏は創業家の人物であろう。同校の創立者は西村繁である。

1952年生まれの天野氏にかんしても、55歳前後での転身であるから、単なる天下りにすぎないのではないか。それをもって「招聘」などと言うのだとしたら、噴飯ものである。

民間企業の論理?

同校ウェブサイトでも「社会経験豊富な教員の積極採用」を謳っているように、同校は、いっとき教育業界でもはしかの如くに流行った、民間企業の論理を積極的に導入していることを強調したいのだろう。

ならば非公開ではなく、公募で優れた人材を採用するのが民間企業の論理に沿うのではないか。

そもそも、待遇を明示しろ。給与をいくら出すのかはっきり言え。待遇のはっきりしない教職員(社員)募集が民間企業にあるか。

学校の民間企業感覚なんてこの程度であろう。

「先進的かつ改革的な私学」を自称するが、労働者(教職員)にとっては旧態依然の私立校にすぎない。

広告を非表示にする

江戸川学園取手:傷害容疑で教員逮捕

6741teacher.seesaa.net

9月24日(日)、江戸川学園取手茨城県取手市)の男性教員(27歳)が、取手市内にある飲食店店長の女性(21歳)の女性に怪我を負わせた容疑で逮捕された。

 

ツイッター上の報告によれば逮捕された教員は今年度高校3年6組の担任で、担当教科は英語であったようだ。

その2日後、9月26日(火)に同校は、9月から来年3月までの期間で勤務する非常勤講師の募集を始めた。「9月から」とは書かれているが、実際は言うまでもなく10月からであろう。なおこれは急募案件である。

f:id:RYUSUKE:20171001094140p:plain

時期的に見て、この案件で採用される非常勤講師は、逮捕された教員の補充とみて間違いない。

傷害事件を起こしたことは教員自身の個人的な問題なので、学校には責任はない。

他方で、この補充で採用される講師が担当するであろう学年には高校3年生も含まれるようだが、卒業前の最後の授業期間をぽっと出の新任講師に担当させることには、学校として道義的責任は感じないのであろうか。他の教員で負担を案分するということは考えなかったのであろうか。

生徒が入学から卒業(または退学)するまで面倒を見るのは、学校の責任である。その意味で、この対応でもって本校が誠意ある責任を果たしているとは言いがたい。